クリアしてからしばらく経ちますが、ニンテンドースイッチのソフト『ゼノブレイド2』について話します。



単刀直入に言うと、とにかく面白いです。





まずはよかった点から挙げていきます。




フィールドが素晴らしい。




これはゼノブレイドシリーズ全てに言えますが、このシリーズはフィールドがすごいです。広大な地形を歩き回れます。探索好きにはたまらないです。


広いだけではなくデザインが素晴らしい。ただのゲームとはいえ、何度も景色に感動します。




でも広大なフィールドを移動するのは大変…なんてことはなく、フィールド上に点在するポイントにワープできますので、移動もストレス無しです。




BGMが素晴らしい。




フィールド上で流れるBGMはもちろん、戦闘BGM、イベントで流れるBGMなど、素晴らしいものが揃っています。




なかでも主要イベントで流れるCounter attackという曲が最高に良いです。



ゼノブレイドシリーズの主要イベントはBGMに合わせて動きが作られているため、かなり盛り上がります。





ストーリーが素晴らしい。




ゼノブレイドシリーズは3つあります。ゼノブレイド、ゼノブレイドクロス、ゼノブレイド2です。



初代ゼノブレイドはストーリーが非常に素晴らしく、今でもネットで評価されている作品です。



しかし2作目となったゼノブレイドクロスはストーリーが悲惨でした。ざっくり説明すると『単純につまらない』、『かなりの謎を残したまま未完で終わる』というものでした。



このためゼノブレイド2ではストーリーが不安だと言われていましたが、今作は素晴らしい出来でした。




熱いシーンや感動するシーンが多く、味方も敵も魅力的なキャラクターばかりです。



ゼノブレイド2というタイトルですが初代のストーリーを知らなくても全く問題なく遊べます(知ってると更に楽しめます)。




バトルが素晴らしい。



リアルタイムでコマンドを選択して戦うRPGです。今どきのRPGって感じです。RPGのバトルは作業感が出てしまいがちですが、このゲームは飽きずに戦えます。




とにかくストレスを感じさせない。




移動ではワープが使えますし、何の制約もなしに昼を夜に、夜を昼に変えたりできます。バトルで全滅しても何かを失うとかはありません。バトルが終わると自動で全回復するので戦うたびに回復する必要がありません。



ほかにも様々な要素でストレスを感じさせない作りになっています。




圧倒的ボリューム。



最短で本編だけをクリアしても何十時間もかかりますし、サブクエストなどの寄り道をしてたらいくらでも遊べます。





ここからは悪かった点を紹介します。




一部、ノリが寒い。




これは特に序盤で多いのですが、深夜アニメのようなノリがあります。前作2つまでと系統が違うノリだったので、私は気になりました。




システムが分かりづらい。




理解できると楽しいですが、少し理解するまでに苦労します。特にゼノブレイドシリーズが初めてだと大変かもしれません。





ガチャ要素がある。



パーティに加える仲間をランダムで手に入れるというシステムがあります。ソシャゲのような課金こそありませんが、完全なランダムなのでいつまで経っても欲しいキャラが手に入らない…なんてことも起きます。




携帯モード時の画質がひどい。




テレビに繋がなくても遊べるのがスイッチの強み。しかしこのゲームはテレビに繋がないと画質が悪すぎて嫌になります。3DSレベルの画質です。




フィールド上の障害物を乗り越えるためにパーティを編成しなおす必要がある。




フィールド上には障害物があります。基本的には本編のルートにはなく、宝箱などの隠し要素への道にあることが多いです。



障害物を乗り越えるためには、それに合った力をもつキャラクターがパーティにいないといけません。



これが隠し要素のためだけなら文句はなかった。しかし終盤になると障害物を乗り越えないと進めないことが多くなります。


場合によってはキャラクターを成長させないと先に進めないなんてことも発生し、終盤は障害物によってテンポが悪くなりました。






以上です。




個人的にはスイッチを持ってるなら買わない理由は無いと思います。



まだまだ知名度が低いゼノブレイドシリーズですが、遊ぶと間違いなくファンになるかと思います。




後日、DLCで遊べる追加ストーリー『黄金の国イーラ』についてもレビューしたいと思います。



 
 
今回は漫画についての記事です。




ほとんどの人が存在を知っているであろうONE PIECEという漫画についてのお話。




今や日本を代表する大人気漫画であるこの作品。




『それだけ人気ってことは面白いんでしょ?』



と思われる方が多いと思いますが、ネットでは批判の声も多いのです。



では実際のところ面白いのか?面白くないのか?この漫画の何がよくて何がよくないのか。




私の個人的な意見を書きたいと思います。






まずONE PIECEのいいところから。




内容がシンプルです。特に序盤は分かりやすく、子供から大人まで楽しみやすい内容となっています。



もちろん難しい内容の漫画でも面白い作品はたくさんありますが、やはり分かりやすいというのは大きなメリットであり、たくさんの人が読む上で大事な要素だと思います。





そして世界観の作り方がうまいです。




この作品には海賊や、それを取り締まる軍、貴族など、様々な組織や人間関係があります。



少年漫画としてのバトルの部分だけではなく、世界情勢も楽しめるのは大きいですね。






この2つが個人的に感じるONE PIECEのいい部分。




次はよくないと感じる部分を紹介します。




絵がごちゃごちゃしてます。これは中盤からの傾向ですが、だんだんとコマの中の余白がなくなっていきます。



また、コマの中の人物みんなが喋るため、吹き出しもごちゃごちゃしてます。その台詞いる?といった吹き出しまであります。



これも中盤からですが、コマ割りが分かりづらいです。



漫画を読み慣れてる人なら問題なく読めますが、なぜこんなコマ割りをしたのか?という変なコマ割りが多く、非常に読みづらいです。




さらに中盤からの問題点がもう1つあり、主人公の魅力が序盤に比べて激減します。




いざというときは頼りになるといったキャラクターだったのが、ただの能天気青年に変わっていきます。しかしこれは最近になって少し改善されてきています。






そして、これが個人的に1番の問題点だと思うことですがバトルが本当につまらない。



具体的には『いきなり謎のパワーアップをして勝つ』、『その技使えるなら最初から使えなかったのか』、『なんか勝ったけどなんで勝てたのか分からない』など、基本的に勢いのみで勝ちます。




序盤まではバトルも面白かったのですが、中盤からはバトルが退屈になってきます。




以上がいいところと悪いところです。




少年漫画なので多少の矛盾などはありますが、まぁ長期連載の作品ですから気にしすぎたらいけないと思います。




個人的にこの作品は漫画を普段読まない人には面白く感じ、いろいろな漫画を読んでる人にはつまらなく感じる漫画だと思います。




悪いところをたくさん挙げましたが、やはりこれだけ有名な漫画なので一般的なウケはいいです。序盤は漫画好きからも評判がいいくらいの出来ですし、時間があれば読んでみてはいかがでしょうか。



Twitterで『ペットをお迎えするときの心構え』みたいなツイートが流れてきたので私なりに書きたいと思います。




私は現在、犬3匹、ウサギ4匹、熱帯魚、クワガタを飼っています。



IMG_4861




実家暮らしということもあり、犬の世話は基本的に両親がしてくれています。



ウサギ、熱帯魚、クワガタの世話をしている訳ですが、かなり大変です。




それだけ数がいれば大変なのは当然だろうと感じるかと思いますが、実は数はそんなに関係ありません。




熱帯魚や昆虫は毎日世話しなくても死にませんが、哺乳類は1匹でも飼っていると生活にかなりの制限がかかります。





具体的には

・旅行に行けない
・泊まりの出張ができない



という制限がかかります。




毎日散歩や餌やりという世話がありますので、1日でも家を空けてしまうとペットの生命に関わってきます。




旅行は我慢すれば済みますが、会社の出張になると別です。普通はペットがいるからという理由で断れないでしょう。




ペットがいる場合は泊まりの出張や研修がない会社を選ばないといけません。これはかなり大変なことで、就職先の選択肢が一気に狭まります。無いと思って就職してもなんらかの形で泊まりの仕事が入る可能性だってあります。




そういう場合や、どうしても旅行に行きたい場合はペットホテルを利用するという手段がありますが、当然お金がかかりますし、ペットにとってもストレスになります。





この2点は1匹でもペットがいる場合のデメリットです。




ペットが増えたら増えるだけ、時間を使うというデメリットが出てきます。




もちろんペットとの時間はただのデメリットではなく楽しい時間でもありますが、時間を使うことに変わりは無く他の趣味にあまり時間を割けなくなります。



また、お金もかかります。ペットの種類で費用は変わってくるので詳しくは書きませんが、少なくとも『飼ってみたいから』という気持ちだけで飼えるほど安い金額ではないはずです。




他にもしつけをする必要があります。物覚えがいいとされる犬ですらしつけが簡単な訳ではなく、しつけを疎かにすると人を噛んでしまう可能性があります。



ウサギなどの小動物は、いくらしつけても覚えないことが多いです。



IMG_5855



そのため、家が汚れます。掃除が大変です。しかし下手に掃除機を使おうものなら怯えてしまいます。掃除したいのに掃除に気を遣うという大変さもあります。





いま挙げた大変さを覆すほどの癒しをくれますが、『癒されたいから』という理由だけで飼うのは決してオススメしません。




ペットはオモチャでも、SNS映えする被写体でもありません。




これからペットを飼おうか迷っている方、ぜったいに飼うななんてことは言いませんが、本当に覚悟した上でお迎えしてください。



ちゃんと世話を出来るのであれば、たくさんの思い出が作れて幸せな生活になると思います。




↑このページのトップヘ