ということでベッドと枕を買いました。




ベッドはこちら。





折りたたみベッドです。



ペットがいるので部屋が汚れやすく、折りたたんで簡単に掃除ができるこちらを選びました。



この商品を選んだのはレビューが良かったのと、他よりも価格が安かったから。




実際に届いてみての感想としては、すこし狭い。横幅がシングル以下です。まぁ部屋が狭いのでコンパクトと言い換えることもできますが。



あとこれは私がもっとよく見て買えば良かったのですが、片手で折りたためるようなタイプではなくて、折りたたみ式のテーブルみたいに脚を畳まないといけない。


大した手間ではないものの、すこし不便かな。



良かったのは寝心地。安物だから上にマットを敷かないとなと思ってましたが、マットが無くても十分寝れます。


低反発とは書いてますが、個人的には固めな印象。固めだと肩こりなどに効くので固めでよかったです。


ちなみにリクライニングもできます。人によっては嬉しいところ。

よかったところ
・コンパクト
・寝心地
・リクライニングできる
・安い

イマイチなところ
・狭い
・折りたたみが少し面倒


総合的に見ると悪くないベッドだと思います。組み立てもほとんどなく、そういうのが苦手な方にもオススメですね。






次は枕。こちらはネットではなくニトリで買いました。



IMG_4933
IMG_4934



横向きに寝る人向けにつくられた商品



サイドが高めに盛り上がっており、横向きに寝るとちょうどよい高さになります。



真ん中は凹んでおり、仰向けにも対応してます。



かなり柔らかめな印象。頭を包み込んでくれます。もう少し固いほうが好みですが、これはこれで悪くない。




ちなみにニトリの枕コーナーにはこの枕以外にも『仰向けで寝る人向け』や、『うつ伏せで寝る人向け』、ほかにも自分で調整できる枕などもあり、見てるだけで楽しかったです。



いつかはオーダーメイドの枕以外なんかも買ってみたいですね…



皆さんもなんか寝つき悪いな?と思ったら寝具を見直してみてはいかがですか‎(๑˃̵ᴗ˂̵)و 

生き物ブログとして始まったこのブログ、悲しいことに生き物ネタが尽きてしまいました。



役に立つ生き物ネタがまだ無くも無いですが、たぶん私が書かなくてももっと綺麗にまとめてるブログはたくさんあるんですよね…ハハァ…



ってことで!



これからは『ペットや趣味の話をするブログ』に変わります!!



今までは番外編として扱ってきたネタが増える感じですね。



これ買って良かった!みたいな記事が増えそうです。



生まれ変わるぽんずブログを今年もよろしくお願いします‎(๑˃̵ᴗ˂̵)و 

今回は生き物と関係ないレビュー記事です。



2年前から気になっていた超高級イヤホン、SHURESE846を買ってしまいました…


今でこそ9万円ですが、もともとは12万円もする超高級イヤホンでした(もちろん9万円でも高いです)。


IMG_4758



様々な色がありますが、SE846の中身のぎっしり詰まってる感を楽しみたくて透け透けのやつを買いました。




IMG_4759



外箱のなかには立派な箱が。


IMG_4760



うおお…


テンションが上がってはいるのですか、あまりの高級品に恐る恐る開封しています。



IMG_4763



見た目はこんな感じ。



スケルトンのイヤホンは他にもあるのですが、ここまで中身が詰まってるのは見たことがありません。







ここからは音質の感想。



まず感じるのは音の多さ。



恐らく普通のイヤホンでは埋もれていた音が聞こえているのでしょう。

これは良いオーディオに買い換えるとよくあることです。



本当に驚いたのは音の多さではなく、音の広さ。


小さなイヤホンでは、スピーカーはもちろんヘッドホンの音の空間表現にも敵わないのが普通です。



しかしこのイヤホン、ヘッドホンで聴いているかのような音がするんですよ。


どうなってるのか不思議なくらい。




しかし欠点もあります。



まずは価格。



やはり9万円という金額はなかなかイヤホンに出せるものではありません。


私もこれから先、節約生活を余儀なくされています。



オーディオは高くなればなるほど音質の上昇幅が少なく、言い換えるとコスパはどんどん悪くなります。



このイヤホンなんて最たるもの。コスパで買うようなイヤホンではありません。






あと1つ欠点がありまして、それは圧倒的な性能ゆえの欠点。



ちゃんとした環境で録音された音源ならば最高の音を鳴らしますが、売れていない歌手やアニソンのような悪い録音の音源は粗を包み隠さずに鳴らしてしまい、ひどいことになります。



このイヤホンはもともとは音楽を楽しむためではなく仕事などで使用するためにつくられた側面が大きいので、こういったことが起きるんですよね。



よくもわるくも余計なことをしないんです。



低音重視などを謳った製品とは違い、基本的に何の脚色もしていない音です。





これは良いところと悪いところの両方に当てはまるのですが、とんでもない遮音性。



耳栓をつけている感じです。外がやかましくても音楽に集中できます。


音楽を聴くと考えると最高の遮音性ですが、これは外で使用すると危険だと思います。何も聞こえません。



もちろんこの辺りは使う人次第ですから、別にイヤホンが悪いなんてことはありません。



他にも色々と書きたいことはあるのですが、このブログはオーディオブログではないのでさらっと説明しました。



まとめると、

いいところ
・圧倒的な音質
・イヤホンとは思えない音の空間
・音楽に集中できる遮音性

わるいところ
・高すぎる価格
・音の悪い音源だと酷い音になる



↑このページのトップヘ