今回は水槽で発生すると困るコケ、

黒ひげ苔の対策を話します。


その1
魚に食べてもらう。

サイアミーズ・フライングフォックスという魚が食べてくれます。


この魚しか食べません。



その2
リン酸除去剤をつかう。

黒ひげ苔の原因はふえすぎたリン酸です。
リン酸をなくせば黒ひげは消えます。

その3
水換えを行う。

先ほど話したとおり、黒ひげの原因はリン酸です。
水換えによってリン酸の濃度を減らす作戦ですね。



その4
水流を見直す。

黒ひげは水流のつよいところに発生しやすいです。
水流を弱めるか、直接当たる物がないようなレイアウトにするといいでしょう。




その5
木酢液をつかう。

これは黒ひげがついた石などが取り出せる場合に限りますが、木酢液をすこしつけて洗い流すと黒ひげは赤くなり、エビが食べるようになります。


オススメはサイアミーズ・フライングフォックスの導入か、リン酸除去剤です。前者は個体によっては気が荒く、大きくなること。後者は使い捨てのため費用がかかることがデメリットです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今回はゴールデンハニードワーフグラミーについて紹介します。



かわいいでしょう!?!?


グラミーという魚の代表種で、サイズも小さく飼いやすい!
オススメの魚です!

サイズは4センチ。温和で飼いやすいです。
手のようなヒレを使ってコミュニケーションする姿は他には代えがたいかわいさがあります。

寿命は2〜3年です。


水質悪化につよく、パイロットフィッシュとしてと向いています。

また、ヒドラや水カビを食べるという一面も。


その愛らしい姿や仕草から、水槽の主役になること間違いなしです!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今回ご紹介する魚はこれ!


クーリーローチです!


簡単に言うと熱帯にいるドジョウですね。


底に棲む魚というとコリドラスがメジャーですが、
このクーリーローチ、かなりかわいいです。


ニョロニョロニョロニョロ…
口をモフモフモフモフ…


ほかの魚では味わえないかわいさがあります!!


クーリーローチの魅力はほかにも。

1匹1匹、模様が違うんですよね。
だから愛着がわきやすい。


飼うときはなるべく複数で!

複数で飼うと仲間でくっついてたり、
一緒に餌をモフモフしてたり、
かわいさが倍増します!


飼いやすい魚ですが、注意点は2つ。

まずは底に棲むという性質上、
底の汚れに弱いです。

底の掃除はしっかり行ってください。


そしてもう1つ。

底に棲むわりに飛び出しやすいです。

見かけによらず元気なときは泳ぎが激しく、
水面まで泳ぐことも。

水位を下げるか、蓋をするようにお願いします。


コリドラスとはまた違う良さがある底向けの熱帯魚、
クーリーローチについてのお話でした!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ