FullSizeRender
こちらは飼ってるギラファノコギリクワガタです。

かっこいいです。

ムシキングを思い出します。

いろいろなクワガタがいる中で、
なぜこのクワガタを選んだのか。

それは『簡単だから』です。

丈夫で、繁殖も容易。 

一般的なクワガタは菌糸ビンで
幼虫を飼うのですが、

ギラファは発酵マットで飼えます。

もちろん菌糸ビンでも飼えますし、
その場合はさらに大型個体を狙えます。

私は半分は幼虫は発酵マット、
もう半分は菌糸ビンで、
どれだけ違いが出るのか実験しようと思ってます。


すでに交尾済みで、卵を産んでました。

あとは待つだけ。

成虫も長生きしてほしいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

全くそんなことありません!!!




他のスノーボードとか、釣りとか、そういう趣味と変わらないくらいの金額で楽しめます。

むしろ始めるだけなら安いです。
いまどき大きな水槽も数千円で買えますし。

初期投資が大きいとは思いますけどね。
水槽、水槽台、フィルター、砂利やソイル、水草、魚、ハサミ、ピンセット…

ですがそれでも安物で揃えたら大した額にはなりません。

一度水槽を立ち上げてしまえば、あとは電気代が少しかかるくらい。

ぜんぜん金持ちの趣味じゃありませんよ!!!

金がかかりそう、難しそう。
すべて偏見です。

正直いろんな趣味のなかでは
簡単に楽しめるほうだと思いますよ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ウサギ4匹飼ってます。
世話はというと…

意外と簡単にです。
そのくらいウサギって世話が楽なんですよ。

今回はウサギを飼ってみたいけどイマイチよく分からない…っていう人向けの記事になります。

 

まずウサギ選びから。

基本的にペットショップにいる種類なら、
飼いやすさはほとんど同じです。

ただ、なるべく人懐っこい子を選んでください

ウサギはなかなか懐きません。
もともと人懐っこいと、懐くまでが大幅に早くなります。

ウサギを選んだら用品選び。

60センチと90センチのケージがありますが、
迷わず90センチを買ってください。

60センチだと、大人になったウサギには狭いです。買い替えるハメになります…

あとは水飲み容器。たまに皿に水を入れてるペットショップがありますが、衛生的によくないです。

ボトルのやつを買ってあげてください。

あとこれは出来れば…なんですが、
ウサギには純水を与えてください。

水道水はもちろん、ミネラルウォーターですらあまり体によくないです。

まぁ水の種類はどこまでウサギに金をかけられるかでお任せします。

あとは牧草。

ペットショップだとチモシーという牧草を与えています。

しかし、子ウサギの場合はチモシーよりも
アルファルファという豆科の牧草がいいです。

骨が強く育ち、将来的に丈夫なウサギに育ちます。

しかし大人にはチモシーを与えてください。
アルファルファの栄養が高すぎて
大人には逆に体に悪いです。

あとはトイレ。これは三角のトイレよりも
大きなトイレをオススメします。

トイレが小さいと、オシッコがトイレの外に出ることがあります。

肝心のトイレのしつけですが、意外と簡単。

お迎え後の一週間はケージの下にトイレシートを敷きます。

そして適当な位置にトイレを設置。

トイレ以外でオシッコをしたら、
ティッシュでシートをポンポンっとしてから
トイレにポンポンっとして、ニオイをつけます。

これの繰り返しで大半は覚えます。

それでもダメだったとしても、あることに気付くはず。

ウサギは決まった場所にトイレをします。

つまり、その場所にトイレを移動させたらいいんです。

これでしつけは完了です。

…ただし、ウサギは無意識にウンチをしてしまう性質があって、いくらしつけてもトイレ以外でもウンチしてしまいます。
これは仕方ないことであって、叱ることではありません。
黙って片付けてあげてください…

大事なことがあと1つ。
餌やりについてですね。

餌は牧草とペレット。
牧草は常に補充していつでも食べられるように。
ペレットは体重に合わせて1日2回与えてください。

これで基本的には飼えます。

注意するとしたら犬猫に比べて弱い生き物なので、
懐くまで時間がかかること。
ちょっとしたことでストレスになる。
温度管理が大事。
看てくれる病院が少ない。

犬猫よりも懐きづらく、繊細。
でも懐いたウサギは飼い主に甘えてきて離れないほど。
ぷぅぷぅ鳴いて喜んだり、
うれしいときはジャンプします。

こんなに飼いやすく、お金もかからない、
そして何より可愛すぎる。

ウサギはオススメの中のオススメです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ