旅行にいけなくなるのが
ペットを飼うことのデメリット…

しかし最近はペットと泊まれる宿があるらしいです。

思い出づくりになりそうですね… 行ってみたいです…ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

水槽に発生するコケ。
コケ対策はいろいろありますが、
今回はコケを食べてもらうことに
スポットライトを当てて話したいと思います。


 
ヤマトヌマエビ

糸状のコケ、茶苔を食べます。
効果は絶大。
水草水槽ならとりあえず入れて損は無い。
淡水で繁殖しないエビなので、
管理がしやすいメリットもある。


ミナミヌマエビ

糸状のコケ、茶苔を食べます。
ヤマトヌマエビと比べて10分の1くらいしか食べない。
ただ、こちらは小さくて目立たない。
また、淡水で繁殖するので殖える楽しみがある。
ヤマトヌマエビよりも水質悪化に少し強い。


オトシンクルス

茶苔を食べます。
緑のコケも食べなくは無いですが、
ほとんどコケは減りません。
茶苔は水槽立ち上げ時くらいしか生えないので、
正直オトシンクルスを入れるメリットは…
見た目はかわいいです。


オトシンネグロ

オトシンクルスとほぼ同じ。
違うのは繁殖しやすいこと。
繁殖してみたいならこちらを選ぶのもいいかも。


プレコ

ガラスに生える緑のコケ(斑点状藻)を食べます。
黒ひげ以外ならなんでも食べます。
ただし小さな種類でも10センチまでなります。
セルフィンプレコは安いですが、
最終的に超巨大になりますのでNGです。
水草水槽で入れるならブッシーかタイガーですね。


サイアミーズ・フライングフォックス

全てのコケを食べると思います。
厄介な黒ひげ苔を食べる唯一?の生体。
私は絶対にこいつを入れます。
欠点は12センチになること。
また、個体によっては気性が荒いです。


フネアマ貝

ガラスや石に生える緑のコケを1番ゴッソリと食べるのはこの生体でしょうね。
こいつが通った場所だけコケが全く無くなります。
欠点はガラスにくっつくこと。
鑑賞するぶんにはキモカワイイですが、
写真を撮りたいときにガラスにいるのは困ります。
あと、卵を産むので個人的には嫌です。
ガラスは自分で掃除したほうが無難です。

石巻貝

フネアマ貝を控えめにしたようなコケ取り能力です。
そのぶん価格が安い。
フネアマ貝よりもくっつく力が弱いので、
写真を撮るときは剥がせばいいです。
あまり剥がすと弱るので、いざというときだけ。


タニシ

たぶん水草水槽にタニシを入れる人はいないはず。
でも個人的にオススメなのはタニシです。
タニシは水中の養分を吸うという、
他の貝を超えたコケ取り能力があります。
また、卵を産みません。
タニシはタニシの赤ちゃんをそのまま産みます。
しかし見た目が人を選ぶことと、
あまり強固なコケは食べないのが欠点です。


以上が、代表的なコケ取り生体です。

アルジイーター、スネール等は
デメリットが大きすぎるので書いてません。

ちなみに、アルジーライムシュリンプは
黒ひげ苔を食べません。
試してみましたが効果が見られませんでした。


糸状コケならヤマトヌマエビ、
茶苔ならオトシンクルス、
黒ひげ苔ならサイアミーズ・フライングフォックス、
斑点状藻ならフネアマ貝、

というのが個人的な意見です。

1番はサイアミーズ・フライングフォックス。
大きくなる、気性が荒い、という欠点をかき消すほど
メリットが大きい生体だと思います。


少しでも参考になれば…





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

パイナップルアルビノソードテールを
お迎えしました!
IMG_9691

連れて帰ったばかりなので色が抜けてますが、
一目惚れして買いました。

めちゃくちゃ綺麗です。

初ソードテールなので緊張してます。

うまく飼えるといいな。


あわよくば繁殖も狙いたいところ。

胎卵生メダカなので繁殖自体は簡単でしょうが、
稚魚を隔離しないと流石に食べられるかな…

繁殖が成功したら、
ソードテールの記事を書くつもりです。



↑このページのトップヘ