ハムスターを飼おうと思うと、当然ケージが必要になります。


でもペットショップに行くと色んなタイプのケージがあって、どれがいいのか迷いますよね…



今回はタイプごとの特徴をまとめます‎(๑˃̵ᴗ˂̵)و 



金網で出来たケージ


よく売られてるタイプですね。
メーカーによってはオプションでパーツをつけることが出来たり、拡張性が高いです。

取り扱ってるペットショップが多く、手に入りやすいのもいいところ。

回し車や飲み水を設置できるように作られていたり、初心者向けと言えます。


欠点としてはハムスターが金網をかじること。これはしつけで何とか出来ますが、放置すると歯に悪影響です。

また、金網の形状によってはハムスターがよじ登ることがあり、手足を引っ掛けて骨折、落下してケガ、などのリスクがあります。



プラスチックのケージ


金網タイプに次いで、ペットショップで見かけるタイプです。

こちらもオプションでパーツをつけることができたり、拡張性があります。

金網をかじるようなデメリットがありません。


欠点をあげるとしたら、凝ったつくりになっているものが多く、掃除がしづらい場合があります。



水槽


ハムスター用ではないものの、水槽で飼うのも一般的です。

観察がしやすく、掃除も楽。

ペットショップでは水槽で売られてることが多いです。そのくらい手間が少ないです。

もともとハムスター用として作られていないのでオプションパーツはありませんし、飲み水の設置などは自分で工夫しないといけません。



衣装ケース


安さや掃除のしやすさなどはダントツで高いです。

ブリーダーなど、飼うことに何か目的があってたくさんの量を飼うならばオススメです。

欠点はやはり見た目。
ペットを飼うための物ではないので、鑑賞には不向きです。

愛着を持って飼うならば、あまりオススメできるケージではありません。

金網のように隙間がある訳では無いので、臭いもこもります。



よく使われるケージは、この4つです。


個人的にはプラスチック、または水槽をオススメしますよ(*´∀`)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村