※全体的に画質が悪いです。




以前ベルベットブルーシュリンプをお迎えしたのですが、やはりシャドーシュリンプへの憧れを捨てられないまま悶々と過ごしていました。





そして結局買ってしまいました…






FullSizeRender




今回お迎えしたのはブラックシャドーシュリンプです。特にグレードのよいものを選んだ訳ではなく、価格の安いところで買いました。





IMG_5560



元々飼っていたレッドシャドーシュリンプとの混泳になります。




シャドーシュリンプの場合、赤と黒を交雑させても茶ビーのような中途半端な色は産まれてきません。



しかし赤と黒を交雑させると遺伝子は混ざってしまうので選別して綺麗な個体を作りたい!販売したい!という場合には向きません。



私は選別する気がないので、赤と黒の混泳水槽としました。




エビは魚と比べて難易度が高く私は飼うのが上手ではありませんが、せっかくお迎えした子たちですので大事に飼っていきたいと思います。







話は変わりますが…



先ほどの写真で何となく気付いた方がいるかもしれませんが、水槽が苔まみれになっています。



FullSizeRender




ビーシュリンプはほとんどの生体と混泳できないため、苔取り要員をいれられません。




一応ビーシュリンプも苔を食べるのですが本当に僅かしか食べないので、苔がどんどん増えていきます…




少し前から照明の強さと時間を減らしてみたものの…まだはっきりと効果は出てません。



ビーシュリンプ水槽は繁殖だけでなく苔対策も難しいですね…