ニンテンドースイッチの『オクトパストラベラー』を遊びました。




裏ボスのあまりの強さに人生初の倒さずに動画でその後を観ちゃうという情けない結末になってしまいました。





完全クリアは出来なかったものの、一応裏ボスまでは行ったよってことで感想を書きます。




このゲームは昔ながらのドット絵のRPGです。戦闘もコマンド式で、懐かしい気分になれます。




ドットで描かれていますが、昔のドットとは違い2Dと3Dの間のような立体感のあるドットです。背景がとても美しく、今どきドット?という悪いイメージを吹き飛ばしてくれました。





戦闘はシンプルですが爽快感がありました。シンプルながらも戦術を考えるのが楽しかったです。



また振動がうまく使われており、爽快感をより一層高めてくれます。




ストーリーは良くも悪くも無難。すごく淡白というか、熱くなる感じではないです。別にどんでん返しがあるとかすごい伏線があるとかでもない。正直ストーリーに関しては弱いと思いました。





…が、これは私の思い過ごしでした。





RPGでおなじみの裏ボスがこの作品にもいるのですが、裏ボスと戦う直前にストーリーの真実が判明します。



淡白で地味なストーリーがここに来てドカンと盛り上がります。





裏ボスまで行ってからストーリーの評価が変わったゲームは初めてでした。





システムに関しては新規のゲームだからか、少し甘い部分が多かったです。



例えばあるキャラをパーティに入れてないと開けられない宝箱が世界中にあり、そのキャラをパーティから外しづらくなってしまいます。




あと不便だなと思ったのは他のキャラが装備しているものを違うキャラに装備させたいとき、わざわざそのキャラから外しさないといけないこと。パーティにいないときは酒場まで行かないと装備を変えられません。『このキャラが装備中ですが外して装備しますか?』という便利なシステムはありません。





その他では、これは悪いところと言って良いのか分かりませんが全キャラ分の上級職がありません。終盤になっても上級職になれないキャラが出てきてしまいます。ゲームバランスのためなのかもしれませんが…






戦闘は文句なし、ストーリーは最後まで進めると満足できる、作りは少々あまい。こんな感じのゲームでした。



神ゲーではないけど買って損はないと思います。




次回作があればシステム面とストーリーの強化に期待したいです。



(裏ボス倒したかったなぁ…)