カテゴリ: アクアリウム

※全体的に画質が悪いです。




以前ベルベットブルーシュリンプをお迎えしたのですが、やはりシャドーシュリンプへの憧れを捨てられないまま悶々と過ごしていました。





そして結局買ってしまいました…






FullSizeRender




今回お迎えしたのはブラックシャドーシュリンプです。特にグレードのよいものを選んだ訳ではなく、価格の安いところで買いました。





IMG_5560



元々飼っていたレッドシャドーシュリンプとの混泳になります。




シャドーシュリンプの場合、赤と黒を交雑させても茶ビーのような中途半端な色は産まれてきません。



しかし赤と黒を交雑させると遺伝子は混ざってしまうので選別して綺麗な個体を作りたい!販売したい!という場合には向きません。



私は選別する気がないので、赤と黒の混泳水槽としました。




エビは魚と比べて難易度が高く私は飼うのが上手ではありませんが、せっかくお迎えした子たちですので大事に飼っていきたいと思います。







話は変わりますが…



先ほどの写真で何となく気付いた方がいるかもしれませんが、水槽が苔まみれになっています。



FullSizeRender




ビーシュリンプはほとんどの生体と混泳できないため、苔取り要員をいれられません。




一応ビーシュリンプも苔を食べるのですが本当に僅かしか食べないので、苔がどんどん増えていきます…




少し前から照明の強さと時間を減らしてみたものの…まだはっきりと効果は出てません。



ビーシュリンプ水槽は繁殖だけでなく苔対策も難しいですね…

水槽に発生する苔のなかでトップクラスに厄介な黒ひげ苔



この水槽もその被害を受けています。


FullSizeRender



木にびっしりとついています。



IMG_5103




黒ひげ苔を食べる生き物としてサイアミーズ・フライングフォックスがいますが、この水槽にはビーシュリンプがいるので混泳させたくありません。


↓サイアミーズ・フライングフォックス




今回考えた方法は、ブラシで擦ってみよう!というもの。



IMG_5101


100均で固そうなブラシを購入。



ゴシゴシ擦ってみました。




IMG_5110



取れているではありませんか!!!



いや、取れてるというより木の表面ごと削り取った感じ。そう何度も使える方法では無さそうです。




FullSizeRender




まだ完全に綺麗とは言えない状態ですが、かなりマシにはなりました。






ちなみにブラシでこちらの水槽も掃除してみましたが…


IMG_5102



木と違って表面ごと削り取ることができないため、ほとんど苔は取れませんでした。



強く擦れば取れるでしょうが、石組みが崩れると判断してやめました。





木に限定した方法ですが確実に黒ひげ苔を取ることができるので、困ってる方は試してみてください。



さっそくですが…




でんっ!


FullSizeRender




オスカーをお迎えしました。



アルビノ・ルビーレッド・オスカーです。




FullSizeRender



まだ子供なのにすごい迫力ですね…



お店で見るよりも自宅で見たほうが大きく感じるのは気のせいでしょうか?



無事に飼育できれば長い付き合いになるので、大切に飼いたいと思います‎(๑˃̵ᴗ˂̵)و 



エビ水槽に新たなエビが追加されました。




ベルベットブルーシュリンプです。


IMG_5051



無加工でこれ。オモチャみたいな色ですね…すごい。




この水槽にはシャドーシュリンプがいるのですが、このエビは本当に繁殖が遅い…



とうとう心が折れて増えやすいチェリーシュリンプをお迎え。




選別して綺麗なエビをつくるんや…!!っていう気持ちが薄いので、だいたいどの子も綺麗に生まれてくるチェリーシュリンプにしました。



今度こそ殖えるといいな…




エビ水槽のボルビティスが増えすぎて余りました。



捨てるのは勿体ないし売るのは手間だし…



ってことで他の水槽に入れました。



FullSizeRender




古代魚水槽とはいえ水草があると鮮やかになりますね。ただ小赤が水草を食べる心配があります…





ボルビティスは個人的にすごく好きな水草です。




まず見た目が好き。この見た目は唯一無二ですからね。


そして性質もすき。見た目に反して流木などに活着するし、光が少なくても育つ。




私のエビ水槽はコケまみれになって酷い有様ですが、ボルビティスでレイアウトした水槽は素晴らしいです。




ロタラなどとは全く違う良さがある水草なので、皆さんもぜひ育ててみてください。



↑このページのトップヘ