カテゴリ: ウサギ

ウサギと会話はできません。

が、


なんとなく何を考えてるかは分かります。



歯ぎしり


気持ちがいい証拠。
撫でてると歯ぎしりすることがあります。



ブゥブゥと鳴く


嬉しい、楽しいときです。
鳴きながら遊んでたら見守ってあげましょう。



強く地面を叩く


怒ってます。
そして警戒してます。
原因と思われるものを無くしてあげましょう。



キュウキュウと鳴く


どこか体が悪くなってます。
きつくて鳴いてます。病院に行きましょう。



体を舐めてくる


愛情表現です。
お返しに撫でてあげましょう。



ケージを噛む


構って欲しい証拠。
ですが無視してください。
噛むと構ってもらえると覚えてしまいます。



ウサギの気持ちを察してあげて、うまくコミュニケーションをとりましょう。

FullSizeRender

今回はウサギに興味ある方向けの記事です。


ウサギってどこを撫でたら喜ぶの?

FullSizeRender


部位ごとに説明していきます。



おでこ


最高です。いちばん好きなところです。

IMG_0217



おでこを撫でて嫌がるウサギはいません(流石にペットショップのウサギをいきなり撫でると怖がります)。

ウサギが突然動いて指が目に当たるといけないので、私は手の甲で撫でるようにしています。



背中


グッドです。おでこ並みです。

飼って間もないウサギは背中から撫でるほうがいいです。いきなりおでこだと暴れて指が目に当たる危険があります。



お尻


メスの場合はNGです。

メスはお尻を触られると想像妊娠することがあります。特に思春期以降のウサギでは控えましょう。



お腹


だめです。

触られること自体喜びませんし、ウサギはお腹への圧力が内蔵に響きやすいので、リスクしかありません。

一応グルーミング(毛繕い)のためにお腹を軽く触って慣らしておくのはいいかもしれません。

もう一度言いますが絶対に優しく触ってください。




嫌がりますが、慣らす必要はあります。

触られて喜ぶ部位ではありません。
しかし、爪切りのことを考えると、手を触られることに慣らしておくほうがいいです。

もちろん触るときは優しく。
ウサギは骨が弱いので、万が一つよく握ると折れる恐れがあります。



尻尾


絶対にだめです。いいことがありません。

触られても嫌。慣らす必要もない。ストレスになるだけです。
かわいいからといってツンツンしないでください。





こちらも絶対にだめです。

ウサギにとって耳は重要な部位。
かなり繊細につくられてるので触られると本当に嫌がります。



まとめると、

撫でていいのは
・おでこ
・背中
・お尻(オスのみ)

となります。



正しい触り方でウサギと仲良くしてくださいね(*゚▽゚)ノ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FullSizeRender

お分かり頂けただろうか…


なんか二重顎みたいになってません!?

触ってみるとただの毛で…


他にも3匹飼ってますが、こんな形になったのはこの子だけで…


病気かな?と思っても違うみたいで…


おそらく、ただの変な毛みたいです。



この子はもおちゃん
ホーランドロップイヤーの女の子です!

油断すると頭をほりほりガジガジしてくる危ない子。

でもいつもベタベタくっついてくる甘えん坊です。


抱っこもできて爪切りも嫌がらないお利口さん。


いつまでも大事に、最後まで仲良く暮らしたいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

いきなりですが、今回はウンチの話です。


ウサギのウンチ。


ウサギはトイレを覚えます。

ちゃんとしつけたらトイレでオシッコもウンチもしてくれます。


ところが、いくらしつけても散歩中にウンチしてませんか?


しつけが悪い…

物覚えが悪い…


違うんです。


ウサギは無意識にウンチが出てしまうんです。



だからトイレですることを覚えても、自分の意思とは関係ないときにもウンチしちゃうんです。


これは仕方のないことです。


幸い、ウサギのウンチは掃除しやすいですからね。




なかなかウサギがトイレ覚えなくて…

と悩んでる方、実はそれ無意識にウンチしてるだけかも。


ウサギを責めないであげてください。


こういう動物なんです。


むしろ無意識にウンチしちゃうくらい、その家に安心してる証拠なんですね。


仕方ないなぁと思って掃除してあげましょう(*´∀`*)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

いつも面倒でスマホ撮りなんですが…

久しぶりに一眼レフで撮ってみました。


FullSizeRender
FullSizeRender



うーん…

やっぱり毎日のように使ってないと上手く撮れませんね…



もっと魅力的な写真を撮って、たくさん思い出を残したいですね。

今回は短いですが終わりです。


また熱帯魚なども撮って載せようと思います(*´∀`)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ