カテゴリ: ウサギ

いきなりですが、今回はウンチの話です。


ウサギのウンチ。


ウサギはトイレを覚えます。

ちゃんとしつけたらトイレでオシッコもウンチもしてくれます。


ところが、いくらしつけても散歩中にウンチしてませんか?


しつけが悪い…

物覚えが悪い…


違うんです。


ウサギは無意識にウンチが出てしまうんです。



だからトイレですることを覚えても、自分の意思とは関係ないときにもウンチしちゃうんです。


これは仕方のないことです。


幸い、ウサギのウンチは掃除しやすいですからね。




なかなかウサギがトイレ覚えなくて…

と悩んでる方、実はそれ無意識にウンチしてるだけかも。


ウサギを責めないであげてください。


こういう動物なんです。


むしろ無意識にウンチしちゃうくらい、その家に安心してる証拠なんですね。


仕方ないなぁと思って掃除してあげましょう(*´∀`*)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

いつも面倒でスマホ撮りなんですが…

久しぶりに一眼レフで撮ってみました。


FullSizeRender
FullSizeRender



うーん…

やっぱり毎日のように使ってないと上手く撮れませんね…



もっと魅力的な写真を撮って、たくさん思い出を残したいですね。

今回は短いですが終わりです。


また熱帯魚なども撮って載せようと思います(*´∀`)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

でんっ!

FullSizeRender

飼い主が頑張って買った高級な椅子を独占するウサギ。


この子は『なあちゃん』
ネザーランドドワーフの女の子です。

気が強く他の子には優しくしませんが、
飼い主には甘えてべったりっていう感じです。


そして椅子が大のお気に入り。
ケージから出すとまっさきに乗ります。


飼い主が座るとスネて端っこのほうに行きます。






この子との出会いは運命的でした。


以前飼っていたハムスターを亡くしてショックを受けていた頃、とあるペットショップで出会いました。

ペットショップのウサギとは思えない懐き方で、ずっと私を見つめたりケージ越しにガリガリしたり、ケージを舐めたり、こんなウサギいるのか…と思い、その日は帰りました。


しかし家に帰ってもウサギのことが離れない。


でもどうせあんなに人懐っこい子ならすぐに売れるはず。


それからひと月が経ちました。
あの子は売れてるかな?と思いつつウサギコーナーへ行くと、一目散に私に駆け寄ってきたのです!


売れ残ったから安くしますよとも言われ、もう飼うしかないと決意しました。


お迎えしてまもなく、ある違和感に気づきます。


あれ?亡くなったハムスターと同じ仕草してる…


ありえない話ですが、まったくと言っていいほど動きが同じなんです!!


生まれ変わりだと思ってしまいました。


帰ってきてくれたのだと…



それから2年、この子は我が家の一員として暮らしています。


今でもハムスターの面影が見えることがあります。


しかしハムスターはハムスター、ウサギはウサギです。


生まれ変わりだと嬉しいとも思いましたが、今では亡くなったハムスターも、いまここにいるウサギも、大事な家族です。

生まれ変わりだから可愛がるのではない。なあちゃんだから可愛がるんだと。


生まれ変わりだとしても、そうでないとしても、亡くなったハムスターに出来なかったことを今いる子たちにしていきたいと思います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ウサギ4匹飼ってます。
世話はというと…

意外と簡単にです。
そのくらいウサギって世話が楽なんですよ。

今回はウサギを飼ってみたいけどイマイチよく分からない…っていう人向けの記事になります。

 

まずウサギ選びから。

基本的にペットショップにいる種類なら、
飼いやすさはほとんど同じです。

ただ、なるべく人懐っこい子を選んでください

ウサギはなかなか懐きません。
もともと人懐っこいと、懐くまでが大幅に早くなります。

ウサギを選んだら用品選び。

60センチと90センチのケージがありますが、
迷わず90センチを買ってください。

60センチだと、大人になったウサギには狭いです。買い替えるハメになります…

あとは水飲み容器。たまに皿に水を入れてるペットショップがありますが、衛生的によくないです。

ボトルのやつを買ってあげてください。

あとこれは出来れば…なんですが、
ウサギには純水を与えてください。

水道水はもちろん、ミネラルウォーターですらあまり体によくないです。

まぁ水の種類はどこまでウサギに金をかけられるかでお任せします。

あとは牧草。

ペットショップだとチモシーという牧草を与えています。

しかし、子ウサギの場合はチモシーよりも
アルファルファという豆科の牧草がいいです。

骨が強く育ち、将来的に丈夫なウサギに育ちます。

しかし大人にはチモシーを与えてください。
アルファルファの栄養が高すぎて
大人には逆に体に悪いです。

あとはトイレ。これは三角のトイレよりも
大きなトイレをオススメします。

トイレが小さいと、オシッコがトイレの外に出ることがあります。

肝心のトイレのしつけですが、意外と簡単。

お迎え後の一週間はケージの下にトイレシートを敷きます。

そして適当な位置にトイレを設置。

トイレ以外でオシッコをしたら、
ティッシュでシートをポンポンっとしてから
トイレにポンポンっとして、ニオイをつけます。

これの繰り返しで大半は覚えます。

それでもダメだったとしても、あることに気付くはず。

ウサギは決まった場所にトイレをします。

つまり、その場所にトイレを移動させたらいいんです。

これでしつけは完了です。

…ただし、ウサギは無意識にウンチをしてしまう性質があって、いくらしつけてもトイレ以外でもウンチしてしまいます。
これは仕方ないことであって、叱ることではありません。
黙って片付けてあげてください…

大事なことがあと1つ。
餌やりについてですね。

餌は牧草とペレット。
牧草は常に補充していつでも食べられるように。
ペレットは体重に合わせて1日2回与えてください。

これで基本的には飼えます。

注意するとしたら犬猫に比べて弱い生き物なので、
懐くまで時間がかかること。
ちょっとしたことでストレスになる。
温度管理が大事。
看てくれる病院が少ない。

犬猫よりも懐きづらく、繊細。
でも懐いたウサギは飼い主に甘えてきて離れないほど。
ぷぅぷぅ鳴いて喜んだり、
うれしいときはジャンプします。

こんなに飼いやすく、お金もかからない、
そして何より可愛すぎる。

ウサギはオススメの中のオススメです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

よく聞かれることです。
『ウサギって臭いの?』

臭くないです!!!!! 

イメージは牧場のニオイなのかな?
確かに飼うまではそのニオイがすると
覚悟してました。

実際は無臭です。
餌が牧草だからか、獣臭さはありません。

ただし、流石にオシッコは臭いです。


でもウサギって、トイレ覚えるんですよ。
だからしつけさえできたら掃除も楽。

掃除さえしていれば臭くもならない。

その掃除も簡単なので、
ウサギはかなり飼いやすいと思います。

いろいろ飼ったことありますが、
ウサギは本当にオススメです…!!!!

※ウサギの飼い方について詳しくはまた記事にしますね。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ