カテゴリ: 雑記

Twitterで『ペットをお迎えするときの心構え』みたいなツイートが流れてきたので私なりに書きたいと思います。




私は現在、犬3匹、ウサギ4匹、熱帯魚、クワガタを飼っています。



IMG_4861




実家暮らしということもあり、犬の世話は基本的に両親がしてくれています。



ウサギ、熱帯魚、クワガタの世話をしている訳ですが、かなり大変です。




それだけ数がいれば大変なのは当然だろうと感じるかと思いますが、実は数はそんなに関係ありません。




熱帯魚や昆虫は毎日世話しなくても死にませんが、哺乳類は1匹でも飼っていると生活にかなりの制限がかかります。





具体的には

・旅行に行けない
・泊まりの出張ができない



という制限がかかります。




毎日散歩や餌やりという世話がありますので、1日でも家を空けてしまうとペットの生命に関わってきます。




旅行は我慢すれば済みますが、会社の出張になると別です。普通はペットがいるからという理由で断れないでしょう。




ペットがいる場合は泊まりの出張や研修がない会社を選ばないといけません。これはかなり大変なことで、就職先の選択肢が一気に狭まります。無いと思って就職してもなんらかの形で泊まりの仕事が入る可能性だってあります。




そういう場合や、どうしても旅行に行きたい場合はペットホテルを利用するという手段がありますが、当然お金がかかりますし、ペットにとってもストレスになります。





この2点は1匹でもペットがいる場合のデメリットです。




ペットが増えたら増えるだけ、時間を使うというデメリットが出てきます。




もちろんペットとの時間はただのデメリットではなく楽しい時間でもありますが、時間を使うことに変わりは無く他の趣味にあまり時間を割けなくなります。



また、お金もかかります。ペットの種類で費用は変わってくるので詳しくは書きませんが、少なくとも『飼ってみたいから』という気持ちだけで飼えるほど安い金額ではないはずです。




他にもしつけをする必要があります。物覚えがいいとされる犬ですらしつけが簡単な訳ではなく、しつけを疎かにすると人を噛んでしまう可能性があります。



ウサギなどの小動物は、いくらしつけても覚えないことが多いです。



IMG_5855



そのため、家が汚れます。掃除が大変です。しかし下手に掃除機を使おうものなら怯えてしまいます。掃除したいのに掃除に気を遣うという大変さもあります。





いま挙げた大変さを覆すほどの癒しをくれますが、『癒されたいから』という理由だけで飼うのは決してオススメしません。




ペットはオモチャでも、SNS映えする被写体でもありません。




これからペットを飼おうか迷っている方、ぜったいに飼うななんてことは言いませんが、本当に覚悟した上でお迎えしてください。



ちゃんと世話を出来るのであれば、たくさんの思い出が作れて幸せな生活になると思います。




幼虫の状態で購入したメタリフェルホソアカクワガタがついに羽化しました…!!!




IMG_5689
FullSizeRender



…ん?小さい。




最大100mmらしいですが40mmしかありません。あれ?



考えられる理由としては
・餌である土の質が悪かった
・そもそも小さい親から生まれた
・室温のせいで成長に支障がでた



はっきりとは覚えていませんが明らかに小さな親だった記憶はありませんし、室温はエアコンで管理していました。



ホームセンターにある安物の土を使ったからっぽいですね…(このクワガタは菌糸ビンでは育たないので土を使うしかありません)




でも、いくら小さくても大事なペットが成長したわけですから何も不満はありません。



大事に育てて、いずれはこの子たちにも子を残して貰いたいですね。

転職して革靴を履く仕事になりました。




革靴で働く?履きづらいし最悪や…なんて思っていたのですが、履いていると何故か少し大人になった感じがするというか、不思議な気分になりました。



革靴も意外といいやん!



と思い、ちゃんと靴磨きもするようになりました。




手入れをするようになると更に良さが分かってきます。愛着が湧きますね。


今まで安物のスニーカーばかり履いていたので『磨くとピカピカになる』革靴というものが新鮮で楽しくなってきました。




ちょうどスニーカーが寿命になっていたので、プライベートでも革靴を履いてみようと思い購入。



IMG_5439



休みの日にしか履かないのと、転職したばかりで収入が少ないので安物です。




いつかプライベート用もしっかりしたやつ買いたいな…





革靴はしっかり手入れしていれば何年も履けるらしいので、大事に使っていこうと思います。



FullSizeRender


水槽に発生する苔のなかでトップクラスに厄介な黒ひげ苔



この水槽もその被害を受けています。


FullSizeRender



木にびっしりとついています。



IMG_5103




黒ひげ苔を食べる生き物としてサイアミーズ・フライングフォックスがいますが、この水槽にはビーシュリンプがいるので混泳させたくありません。


↓サイアミーズ・フライングフォックス




今回考えた方法は、ブラシで擦ってみよう!というもの。



IMG_5101


100均で固そうなブラシを購入。



ゴシゴシ擦ってみました。




IMG_5110



取れているではありませんか!!!



いや、取れてるというより木の表面ごと削り取った感じ。そう何度も使える方法では無さそうです。




FullSizeRender




まだ完全に綺麗とは言えない状態ですが、かなりマシにはなりました。






ちなみにブラシでこちらの水槽も掃除してみましたが…


IMG_5102



木と違って表面ごと削り取ることができないため、ほとんど苔は取れませんでした。



強く擦れば取れるでしょうが、石組みが崩れると判断してやめました。





木に限定した方法ですが確実に黒ひげ苔を取ることができるので、困ってる方は試してみてください。



古代魚水槽が新しくなりました。




今まで使っていた水槽は初めて買った水槽で、管理が下手でうっすらと傷が入っていました…



この度、すこし貯金に余裕ができたので思い切って新しい水槽に買い換えました…!!



でんっ!



FullSizeRender



60センチ水槽のハイタイプです。

同じスペースで少しでも水量を稼いで汚れを防ごうという考えです。



今まではフレームありの水槽でしたが、今回は他の水槽との統一感を優先してオールガラス水槽にしました。


フレームがないので見た目がよりお洒落になって良いですね。






せっかくなので写真を何枚か撮りました。


FullSizeRender


こちらはポリプテルス・セネガルスです。お迎えした当初は小さかったのですが、20センチくらいまで大きくなりました。



FullSizeRender



手前がセネガルス・ハイポメラニスティック、奥がセネガルス・ロングフィンです。



FullSizeRender



ポリプテルス・デルヘッジです。模様がかっこいい。



FullSizeRender



アロワナの仲間、バタフライ・フィッシュです。ほとんど動かず、かなり地味ではあります。


しかし餌を食べるときの迫力はアロワナっぽいなって感動します…!!



ハイタイプになって中間の層がすっからかんになりましたが、新しい魚を入れるには中途半端な狭さなので我慢です…



小赤を入れたらちょうど良く見えるはず…




正直新しい水槽を買ってテンションが上がってます…あした小赤たくさん買ってこようかな…





最後に正面顔でおわります。



FullSizeRender
FullSizeRender




↑このページのトップヘ