ハムスターが手に乗ってるのって憧れますよね。
私も憧れてハムスターを飼いました。




が、

まったく手乗りにならない。

逃げる。とにかく逃げる。


最初はぜんっぜんダメでしたが、

今では手乗りになりました。
IMG_9898

この子はめえくん。

私が小動物に目覚めたきっかけのペットです。

FullSizeRender

かわいい。


ハムスターを手乗りにするには、
おそらく色んな方法があると思います。

今回は私がやっていた方法を書きます。


やることは…

放置

です。


そう、放置です。

とは言っても当然ながら世話はやります。

毎日ご飯をあげて、汚れていたら掃除して…
これは当たり前ですね。

では放置とは何か。

これはハムスターと触れ合わないってことです。

確かにせっかくペットとして迎えたハムスターと触れ合わないなんて…

っていう気持ちは分かります。

ですがハムスターって犬や猫と違って
人を慕う動物ではないんですよね。

はっきり言うと、人との接触はストレスです。

ハムスターから見たら人間は捕食者ですからね。


手乗りにするためにあえて接触を増やし、
人間に慣らす方法もあります。

ですが、一時的にかなりのストレスを与えるので
個人的にはオススメできません。

手乗りになったけどストレスで寿命が縮んだ…
なんて洒落になりませんからね。


でも接触しないと人間に慣れないのでは…?
と思いますが、これは時間が解決してくれます。

毎日ご飯を与え毎日同じ部屋で過ごすことによって、
接触しなくても人間、少なくとも飼い主には心を開きます。

めえくんの場合は良い意味で放置することによって、
気づいたときには普通に手に乗るようになりました。


もちろん、この方法が正解だ。
接触するのは悪い!

なんてことは思ってません。

あくまでも1つの飼い方です。


こんな記事をつくっておいておかしいですが、
手乗りにすることがハムスターを飼う目的ではありません。


手乗りにするもかわいいですが、
本当の意味でハムスターを可愛がって貰えたらなと思います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村