カテゴリ: 熱帯魚

ポリプテルスがどんどん、どんどんどんどん大きくなってます。



IMG_2763




IMG_2764



分かりきってたことではありますが水槽が狭くなってきました…



そろそろ水槽を大きくしたいなぁ…


最近お迎えし続けてますが…



今日もお迎えしてしまいました。




今度はタイガープレコちゃんです!!!


IMG_2205
IMG_2207



まだ色は薄いですが、確かに縞模様はありますね!!!



先日記事にしたリン酸除去剤とフネアマ貝、そしてプレコ。これで苔対策はバッチリ?です‎(๑˃̵ᴗ˂̵)و 



ちなみに今の水槽の様子はこちら。



FullSizeRender




石を苔が覆ってます…



本当はサイアミーズ・フライングフォックスを入れて苔を食べて貰いたいところですが、この水槽は弱アルカリ性に水質を調整しているので飼うことが出来ません…



プレコは弱アルカリ性のほうがいいと聞いたので入れてみましたが…



今まで弱酸性の水槽ばかりだったのでイマイチ掴めていませんね…



この生体たちに加えて、しばらくは水換え頻度を増やして苔を減らそうと考えています。



綺麗な水槽になればいいな…

IMG_0630


ででん!!!


これからもぽんずアクアまとめは定期的に更新していきます!

ではまた!‎(๑˃̵ᴗ˂̵)و 

魚の有名な病気『白点病』


体に白点が現れて、体力を奪われる病気です。


白点病が発症した場合は水温を27℃くらいにします。

25℃未満では菌が活動しないためです。


基本的に水温を上げると白点病は収まります。


しかし重度の白点病は、それでも収まらない場合があります。


そのときに使うのが魚病薬


使えばほぼ確実に治ります。

ただし水槽内のバクテリアまで殺してしまうことと、水草を枯らしてしまうため、隔離水槽で使うことになります。


正直、大変です。



そこで裏ワザを教えます。


白点病は鷹の爪で治る!!



これは民間療法のような方法で、正しい方法とは言い切れません。

しかし私はこれまで5回以上も白点病を鷹の爪で治してきたので、治せることは実証済みです。


やり方は簡単、鷹の爪に切り込みを入れて、水槽に浮かべるだけ。
だいたい10リットルに対して1本くらいです。

鷹の爪の殺菌効果で白点病の菌が死にます。


多少はバクテリアも死にますが、魚病薬に比べるとかなりマシです。

そして水草への影響は一切なし!

隔離せずにそのまま使えるのは便利ですね。



※あくまでも民間療法。薬の力には勝てません。確実に治したいならば薬を使いましょう。

※鷹の爪を入れた水槽は成分が溶け出しているので触るとヒリヒリします。絶対に目に入らないようにしてください(魚には無害です)。



白点病が見つかったときは焦らず、とりあえず水温を上げてみましょう。一週間ほどで白点が消えるはずです。

今回ご紹介した鷹の爪は、あくまでも民間療法。確かに治りますが、過信しないように。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

実は私、いまアフリカンシクリッドを注文しています。

昔からの夢だったんです。


淡水なのに海水のような見た目。



そして初心者のころは手を出せなかったシクリッド。


ついに夢が叶います。



…でもアフリカンシクリッド飼ってる人ってかなり少ないらしくて…

噂では海水よりも人口が少ないとのこと。



今回は私と一緒にアフリカンシクリッドの飼い方を勉強しましょう‎(๑˃̵ᴗ˂̵)و 



水質は弱アルカリ性で。


ここがアフリカンシクリッドの1番重要な点。

普通の熱帯魚は弱酸性を好みますが、アフリカンシクリッドは弱アルカリ性を好みます。



サンゴ砂を敷く。


弱アルカリ性の水質をつくるために、底砂はサンゴ砂を使います。



単体で飼うか、過密で飼うか。


かなり気性が荒いため、よくケンカをします。

ケンカをしないように単体で飼うか、ケンカをする暇も与えないように過密で飼うかのどちらかになります。



レイアウトは石組み。


これは決まりではありませんが、弱アルカリ性の環境では水草は育ちません。

レイアウトするとなると石組みが無難ですね。



これさえ守れば飼えるらしいです。

今回は私が飼ったことがないせいで説得力がありませんが…


実際に飼ってみて、また報告しますね!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ