カテゴリ: レビュー






クリアしてからしばらく経ちますが、ニンテンドースイッチのソフト『ゼノブレイド2』について話します。



単刀直入に言うと、とにかく面白いです。





まずはよかった点から挙げていきます。




フィールドが素晴らしい。




これはゼノブレイドシリーズ全てに言えますが、このシリーズはフィールドがすごいです。広大な地形を歩き回れます。探索好きにはたまらないです。


広いだけではなくデザインが素晴らしい。ただのゲームとはいえ、何度も景色に感動します。




でも広大なフィールドを移動するのは大変…なんてことはなく、フィールド上に点在するポイントにワープできますので、移動もストレス無しです。




BGMが素晴らしい。




フィールド上で流れるBGMはもちろん、戦闘BGM、イベントで流れるBGMなど、素晴らしいものが揃っています。




なかでも主要イベントで流れるCounter attackという曲が最高に良いです。



ゼノブレイドシリーズの主要イベントはBGMに合わせて動きが作られているため、かなり盛り上がります。





ストーリーが素晴らしい。




ゼノブレイドシリーズは3つあります。ゼノブレイド、ゼノブレイドクロス、ゼノブレイド2です。



初代ゼノブレイドはストーリーが非常に素晴らしく、今でもネットで評価されている作品です。



しかし2作目となったゼノブレイドクロスはストーリーが悲惨でした。ざっくり説明すると『単純につまらない』、『かなりの謎を残したまま未完で終わる』というものでした。



このためゼノブレイド2ではストーリーが不安だと言われていましたが、今作は素晴らしい出来でした。




熱いシーンや感動するシーンが多く、味方も敵も魅力的なキャラクターばかりです。



ゼノブレイド2というタイトルですが初代のストーリーを知らなくても全く問題なく遊べます(知ってると更に楽しめます)。




バトルが素晴らしい。



リアルタイムでコマンドを選択して戦うRPGです。今どきのRPGって感じです。RPGのバトルは作業感が出てしまいがちですが、このゲームは飽きずに戦えます。




とにかくストレスを感じさせない。




移動ではワープが使えますし、何の制約もなしに昼を夜に、夜を昼に変えたりできます。バトルで全滅しても何かを失うとかはありません。バトルが終わると自動で全回復するので戦うたびに回復する必要がありません。



ほかにも様々な要素でストレスを感じさせない作りになっています。




圧倒的ボリューム。



最短で本編だけをクリアしても何十時間もかかりますし、サブクエストなどの寄り道をしてたらいくらでも遊べます。





ここからは悪かった点を紹介します。




一部、ノリが寒い。




これは特に序盤で多いのですが、深夜アニメのようなノリがあります。前作2つまでと系統が違うノリだったので、私は気になりました。




システムが分かりづらい。




理解できると楽しいですが、少し理解するまでに苦労します。特にゼノブレイドシリーズが初めてだと大変かもしれません。





ガチャ要素がある。



パーティに加える仲間をランダムで手に入れるというシステムがあります。ソシャゲのような課金こそありませんが、完全なランダムなのでいつまで経っても欲しいキャラが手に入らない…なんてことも起きます。




携帯モード時の画質がひどい。




テレビに繋がなくても遊べるのがスイッチの強み。しかしこのゲームはテレビに繋がないと画質が悪すぎて嫌になります。3DSレベルの画質です。




フィールド上の障害物を乗り越えるためにパーティを編成しなおす必要がある。




フィールド上には障害物があります。基本的には本編のルートにはなく、宝箱などの隠し要素への道にあることが多いです。



障害物を乗り越えるためには、それに合った力をもつキャラクターがパーティにいないといけません。



これが隠し要素のためだけなら文句はなかった。しかし終盤になると障害物を乗り越えないと進めないことが多くなります。


場合によってはキャラクターを成長させないと先に進めないなんてことも発生し、終盤は障害物によってテンポが悪くなりました。






以上です。




個人的にはスイッチを持ってるなら買わない理由は無いと思います。



まだまだ知名度が低いゼノブレイドシリーズですが、遊ぶと間違いなくファンになるかと思います。




後日、DLCで遊べる追加ストーリー『黄金の国イーラ』についてもレビューしたいと思います。



 
 
今回は漫画についての記事です。




ほとんどの人が存在を知っているであろうONE PIECEという漫画についてのお話。




今や日本を代表する大人気漫画であるこの作品。




『それだけ人気ってことは面白いんでしょ?』



と思われる方が多いと思いますが、ネットでは批判の声も多いのです。



では実際のところ面白いのか?面白くないのか?この漫画の何がよくて何がよくないのか。




私の個人的な意見を書きたいと思います。






まずONE PIECEのいいところから。




内容がシンプルです。特に序盤は分かりやすく、子供から大人まで楽しみやすい内容となっています。



もちろん難しい内容の漫画でも面白い作品はたくさんありますが、やはり分かりやすいというのは大きなメリットであり、たくさんの人が読む上で大事な要素だと思います。





そして世界観の作り方がうまいです。




この作品には海賊や、それを取り締まる軍、貴族など、様々な組織や人間関係があります。



少年漫画としてのバトルの部分だけではなく、世界情勢も楽しめるのは大きいですね。






この2つが個人的に感じるONE PIECEのいい部分。




次はよくないと感じる部分を紹介します。




絵がごちゃごちゃしてます。これは中盤からの傾向ですが、だんだんとコマの中の余白がなくなっていきます。



また、コマの中の人物みんなが喋るため、吹き出しもごちゃごちゃしてます。その台詞いる?といった吹き出しまであります。



これも中盤からですが、コマ割りが分かりづらいです。



漫画を読み慣れてる人なら問題なく読めますが、なぜこんなコマ割りをしたのか?という変なコマ割りが多く、非常に読みづらいです。




さらに中盤からの問題点がもう1つあり、主人公の魅力が序盤に比べて激減します。




いざというときは頼りになるといったキャラクターだったのが、ただの能天気青年に変わっていきます。しかしこれは最近になって少し改善されてきています。






そして、これが個人的に1番の問題点だと思うことですがバトルが本当につまらない。



具体的には『いきなり謎のパワーアップをして勝つ』、『その技使えるなら最初から使えなかったのか』、『なんか勝ったけどなんで勝てたのか分からない』など、基本的に勢いのみで勝ちます。




序盤まではバトルも面白かったのですが、中盤からはバトルが退屈になってきます。




以上がいいところと悪いところです。




少年漫画なので多少の矛盾などはありますが、まぁ長期連載の作品ですから気にしすぎたらいけないと思います。




個人的にこの作品は漫画を普段読まない人には面白く感じ、いろいろな漫画を読んでる人にはつまらなく感じる漫画だと思います。




悪いところをたくさん挙げましたが、やはりこれだけ有名な漫画なので一般的なウケはいいです。序盤は漫画好きからも評判がいいくらいの出来ですし、時間があれば読んでみてはいかがでしょうか。



 


 ニンテンドースイッチの『オクトパストラベラー』を遊びました。




裏ボスのあまりの強さに人生初の倒さずに動画でその後を観ちゃうという情けない結末になってしまいました。





完全クリアは出来なかったものの、一応裏ボスまでは行ったよってことで感想を書きます。




このゲームは昔ながらのドット絵のRPGです。戦闘もコマンド式で、懐かしい気分になれます。




ドットで描かれていますが、昔のドットとは違い2Dと3Dの間のような立体感のあるドットです。背景がとても美しく、今どきドット?という悪いイメージを吹き飛ばしてくれました。





戦闘はシンプルですが爽快感がありました。シンプルながらも戦術を考えるのが楽しかったです。



また振動がうまく使われており、爽快感をより一層高めてくれます。




ストーリーは良くも悪くも無難。すごく淡白というか、熱くなる感じではないです。別にどんでん返しがあるとかすごい伏線があるとかでもない。正直ストーリーに関しては弱いと思いました。





…が、これは私の思い過ごしでした。





RPGでおなじみの裏ボスがこの作品にもいるのですが、裏ボスと戦う直前にストーリーの真実が判明します。



淡白で地味なストーリーがここに来てドカンと盛り上がります。





裏ボスまで行ってからストーリーの評価が変わったゲームは初めてでした。





システムに関しては新規のゲームだからか、少し甘い部分が多かったです。



例えばあるキャラをパーティに入れてないと開けられない宝箱が世界中にあり、そのキャラをパーティから外しづらくなってしまいます。




あと不便だなと思ったのは他のキャラが装備しているものを違うキャラに装備させたいとき、わざわざそのキャラから外しさないといけないこと。パーティにいないときは酒場まで行かないと装備を変えられません。『このキャラが装備中ですが外して装備しますか?』という便利なシステムはありません。





その他では、これは悪いところと言って良いのか分かりませんが全キャラ分の上級職がありません。終盤になっても上級職になれないキャラが出てきてしまいます。ゲームバランスのためなのかもしれませんが…






戦闘は文句なし、ストーリーは最後まで進めると満足できる、作りは少々あまい。こんな感じのゲームでした。



神ゲーではないけど買って損はないと思います。




次回作があればシステム面とストーリーの強化に期待したいです。



(裏ボス倒したかったなぁ…)



私は足が臭いです。自分でも信じられないほど臭く、人前で靴を脱げないくらいの臭さです。



消臭スプレーを使ってみようと探しましたが、ほとんどの物が革靴NGでした。




ネットで探せば何かしら見つかるのではと思い調べたところ、何やら怪しい商品が。







グランズレメディという商品です。Amazonでは1500ものレビューがあり星4.5と素晴らしい評価を受けています。




これは買ってみるしかないと、すぐに注文しました。



IMG_5410



中身はこんな感じ。小麦粉みたいです。スプーンが付属していました。



これを大さじ1杯、靴の中にまぶします。


IMG_5412



一週間使い続けるとそれ以降は長期間に渡って効果が持続するとのこと。



まだ買って一週間ほどなので効果がどれだけ持続するのかは書けませんが、消臭効果はすごいです。



使う前は靴を脱いだだけで異臭が周りに撒かれましたが、これを使ってからは脱いだ靴に鼻を近づけてもほとんどニオイを感じません。




ニオイの元となるバクテリアを根絶させるらしいです。ニオイをもみ消すタイプの消臭剤ではなく、ニオイそのものを発生させなくするようです。



消臭剤にしては少し高いなと思いましたが、けっこうな量がありましたし一週間程度しか使わないので使い切るにはかなりの時間がかかります。長い目で見ると高い買い物では無かったです。



人前で靴を脱ぐだけで肩身の狭い思いをしていましたので、これは本当に買って正解でした。

 



私はがっこうぐらし!が大好きです。特にめぐねえというキャラクターが大好きで、このブログのイメージキャラクターにもさせて貰っています。




そのがっこうぐらし!が実写映画化しました。1月25日から上映開始ということで、初日に観てきました。今回はその感想になります。



まずがっこうぐらし!という作品について説明します。ご注文はうさぎですか?で有名な『きらら作品』のひとつでして、いわゆる萌え絵の漫画です。ただし内容は普通の萌え系ではありません。


映画の宣伝などで知っている方は多いかと思いますが、一応ネタバレになりかねないので何が普通じゃないかは隠します。




この作品が実写化すると決定したとき、誰しもがクソ映画になると思いました。私もその一人です。



まず萌え絵の作品を実写化すると変な感じになるイメージが強いです。どうしてもコスプレ感が出てしまいがちです。



また、この実写化はアイドルの宣伝を兼ねており主演はほぼ全てアイドル、演技力が不安でした。



正直、ファンである私もクソ映画なんだろうな…と思いつつ映画館に足を運びました。






しかし予想に反して悪くない映画でした。



まず良かったところと気になったところをまとめます。




良かったところ
・原作をうまくアレンジしていた
・改変は多いが目立った改悪はなかった
・原作やアニメに比べて迫力があった
・みーくん(登場人物)の演技がなかなかよかった
・めぐねえ役のおのののかさんが可愛かった



気になったところ
・全体的な演技力の低さ
・アイドルのビジュアルがスクリーンに耐えられていない
・『あのシーン無いのか…』ということが多々あった
・本来主役ではないくるみちゃんが主役と化していた(クレジットでも1番目に表示されていた)
・エンディング曲がダサすぎた
・『めぐねえ』の名前が『めぐねぇ』と表記されているシーンがあった






原作と内容をベースとして、ありとあらゆる改変をされています。しかし原作好きが発狂するような改悪は見当たらず、ちょうどよくアレンジされていました。




演技は女優ではないのでレベルは低いです。しかし、みーくん役の方の演技はよかったです。




あまり言いたくはないですが、演じているアイドルの名前をこの映画で初めて聞きました。つまり無名。そのぶんあまりビジュアルが良いとは言えず、スクリーンに耐えられていないと思ってしまいました。唯一おのののかさんが可愛かったですが、あまり出番は多くないです。




改悪とまでは言わないものの、改変によって無かったことにされたシーンが多々あります。原作通りに進まないと嫌…って人は楽しめないと思います。



また本来主役であるはずのゆきちゃんを差し置いて、くるみちゃんを中心に物語が進みます。クレジットでもくるみちゃんが主役扱いされていました。





基本的に悪くない映画だと思いましたが、唯一本当に残念なことがありました。




エンディング曲がダサすぎる。





ここまで映画に合ってない曲は初めて聞きました。余韻が台無しです。これだけは何とかしてほしかったです。






いろいろとツッコミどころがあり、決してA級映画とは言えません。しかし原作が好きなら『ここはこんな感じに変えてきたのか!』と感心できますし、けっこう勢いで観れちゃう映画でした。




ちなみに話題になっていたキャベツの作画崩壊はありません。映画内ではちゃんとしたキャベツになっていました。



以上です。

↑このページのトップヘ