カテゴリ: 漫画




GUNSLINGER GIRLという漫画をご存知ですか。



誰でも知ってる!というタイプの漫画ではないので知らない方が多いと思います。



しかし漫画好きからの評価は高く、隠れた名作と言える漫画であります。



今回はそんなGUNSLINGER GIRLをご紹介します。



体に障害を持つ少女たちを改造し、裏社会の道具に利用している組織の話です。



あらすじから察せるように、悲しい物語です。悲しくて泣けるという感じ。




前半はかなり静かです。つまらない訳ではありませんが基本的に盛り上がりません。正直最初は買ったの失敗したかな?と思いました。



しかしこの漫画が覚醒するのは中盤以降。



人によってはずっと泣くんじゃないかと思うほど中盤以降の感動はすごいです。




全巻読み終えると映画を見たような満足感を得られます。



少年漫画のような分かりやすい面白さ、分かりやすい感動はありません。大人向けだと思います。




悲惨だけど引き込まれる、そんな漫画です。

 
 
今回は漫画についての記事です。




ほとんどの人が存在を知っているであろうONE PIECEという漫画についてのお話。




今や日本を代表する大人気漫画であるこの作品。




『それだけ人気ってことは面白いんでしょ?』



と思われる方が多いと思いますが、ネットでは批判の声も多いのです。



では実際のところ面白いのか?面白くないのか?この漫画の何がよくて何がよくないのか。




私の個人的な意見を書きたいと思います。






まずONE PIECEのいいところから。




内容がシンプルです。特に序盤は分かりやすく、子供から大人まで楽しみやすい内容となっています。



もちろん難しい内容の漫画でも面白い作品はたくさんありますが、やはり分かりやすいというのは大きなメリットであり、たくさんの人が読む上で大事な要素だと思います。





そして世界観の作り方がうまいです。




この作品には海賊や、それを取り締まる軍、貴族など、様々な組織や人間関係があります。



少年漫画としてのバトルの部分だけではなく、世界情勢も楽しめるのは大きいですね。






この2つが個人的に感じるONE PIECEのいい部分。




次はよくないと感じる部分を紹介します。




絵がごちゃごちゃしてます。これは中盤からの傾向ですが、だんだんとコマの中の余白がなくなっていきます。



また、コマの中の人物みんなが喋るため、吹き出しもごちゃごちゃしてます。その台詞いる?といった吹き出しまであります。



これも中盤からですが、コマ割りが分かりづらいです。



漫画を読み慣れてる人なら問題なく読めますが、なぜこんなコマ割りをしたのか?という変なコマ割りが多く、非常に読みづらいです。




さらに中盤からの問題点がもう1つあり、主人公の魅力が序盤に比べて激減します。




いざというときは頼りになるといったキャラクターだったのが、ただの能天気青年に変わっていきます。しかしこれは最近になって少し改善されてきています。






そして、これが個人的に1番の問題点だと思うことですがバトルが本当につまらない。



具体的には『いきなり謎のパワーアップをして勝つ』、『その技使えるなら最初から使えなかったのか』、『なんか勝ったけどなんで勝てたのか分からない』など、基本的に勢いのみで勝ちます。




序盤まではバトルも面白かったのですが、中盤からはバトルが退屈になってきます。




以上がいいところと悪いところです。




少年漫画なので多少の矛盾などはありますが、まぁ長期連載の作品ですから気にしすぎたらいけないと思います。




個人的にこの作品は漫画を普段読まない人には面白く感じ、いろいろな漫画を読んでる人にはつまらなく感じる漫画だと思います。




悪いところをたくさん挙げましたが、やはりこれだけ有名な漫画なので一般的なウケはいいです。序盤は漫画好きからも評判がいいくらいの出来ですし、時間があれば読んでみてはいかがでしょうか。



↑このページのトップヘ